この、バカみたいにすげぇ奴らが近くにいる環境。

今日は、高校時代に論文コンテストでお世話になった松下政経塾に行ったわけで、

そこで再会した人とか、そこで今日話していた人とかが、何はともあれとにかくすげぇ奴らで、

そんな環境が、戻れる場所として存在していることに、ものすごい誇りと喜びを感じた訳です。

SFCには、バカみたいにすげぇ奴らがたくさんいて、自分の未熟さや周りのすごさを見て常に萎えていたんだけど、

あらためて、自分にも、誇れるようなすげぇ奴らの集まりの環境があることに気がついて、すごく自身を持った。

と、同時に、SFCに身を置いて、周りにバカみたいにすげぇ奴らの存在があるという環境を持てていることにも、誇りを感じる。

今日だけ、酒の勢いで、自身過剰にならせてください。
俺、すげぇところにいるんだよな、従って、俺はすげぇな。

松下政経塾における諸々の雑感は、また後で書きます。


Comments

comments