「仕事メールにハート セクハラ戒告」

 杉村大蔵さんのブログは、「タイゾーの三日坊主」というエッセーが中心。三日坊主と言いながら既に1ヶ月を越えてます。そんな中、新たな気持ちで始めたニュースの視点も今週月曜以来更新無し。来週からは週1にします。読売新聞月曜日のニュース妙録から1週間分のニュースのうち2個ぐらい拾って書こうかと思ってます。とりあえず今日は今まで通り。

 徳島大学の教授がセクハラで懲戒戒告だそうです。でもね、これってセクハラなのかなぁ?やっぱり人に寄るもんなのかなぁ?


 その内容は、女性職員への業務用メールにハートマークをつけてたと言うもの。毎回のように必ず一個以上つけてたそうで、女性職員は不快感を表していたらしい。上司として不謹慎だということ。
 まぁ、感じ方は人それぞれなんですね。ハートマーク一つでも、それを冗談ととる人もいればうざい・キモいという人もあり。結局は、それぞれのシーンでどのように使い分けたらいいか、新しいモラルが生まれて来たって意識を持たなきゃならないですよね。実際その教授は、やりすぎていたとか。程々が一番でしょ。
 僕?僕は、自分からは決してハートなんてつけませんよ。女の子につけてもらえると嬉しいけどね。


Comments

comments