低料金・好待遇・大満足@箱根・小涌園with朝日ニッケ18期


2泊3日に及んだ同窓&卒業旅行。1泊目は朝日ニッケエッセーコンテスト18期メンバー8人と、箱根小涌園ホテルでした。メンバーのひとりのお父さんのお友達が小涌園を経営する会社の社員だそうで、結構いい思いさせてもらいました。

<ロマンスカーで、新宿から箱根へ>
ロマンスカーを手配したのは僕です!どうしてもロマンスカーの新型車両で箱根に乗り込みたかったのですが、それは叶いませんでした。
でも、旧型のロマンスカーの後展望席をゲッツして、皆でワイワイやりながら小田原まで行きました。途中の相模大野・本厚木・小田原で何人かのメンバーとも合流し、いよいよ小田原から箱根湯本に乗り込みました(そこは鈍行ですよ)。
しかしね、やけにバス代が高いのが気に食わない、観光地だから仕方ないけど・・・

<On泉 Off呂>
この旅の目的の一つに、疲れきった体を癒すことが含まれていたので、もちろん温泉が楽しみで仕方ありませんでした。
小涌園の温泉テーマパーク「ユネッサン」にタダで入れました!(あ、もちろん、宿泊代に含まれているってことですよ) もうね、最高でした。
水着ゾーンでは、思いっきり楽しいとは言えないスライダーや、体がひりひりしてくる死海風呂、野外の変わり種露天風呂などで楽しみました。なかでも長々と浸かっていたのが炭風呂。そんなに温度が高くないのに、結構のぼせるんですよね。なんだか肌がつるつるになった気分でした。
その後、裸ゾーン「森の湯」を楽しみました。ここは僕の1番のおすすめスポット。温泉効果はそこまで期待できませんが、雰囲気は最高です。長々と1時間も浸かっていました。岩露天、五右衛門、檜の内湯、本当に最高でした。かなり疲れがとれた気分!

<enshino改造計画>
食事までの持て余した時間、4人部屋に乱入。皆でだべっているつもりが、女子たちはメイク講座に奮闘。それで僕も餌食に・・・
目を中心にやられました。意外と好評でした。すぐに洗い流したけどね。

<食い過ぎで腹一杯>
本気で挑戦したバイキング。メニューは色々、中でもステーキに気合いを入れて取りかかりました。
メンバーの一人が従業員さんとお知り合いだったらしく、ドリンクサービス!ラッキーですね。
洋食中心のバイキングでは、各種グリル、寿司、ステーキ、天ぷら、サラダ、さらにはカレーまで。結構食べごたえあるものばかり。意外と早く終了しました・・・
僕は手を出しませんでしたが、チョコレートフォンデュがありました。チョコが泉のようにわき出しているのには感動を覚えましたぜ。そのチョコで作った画像がこれ↓

<ダベリ・オールナイッ>
夜はもちろんずっとお喋りですよ。ここにくると自分の部屋なんてものは存在しなくなります。みんな同じ部屋に固まってずっと喋ってるわけです。
ピークは午前1時頃だったかな・・・みんな交互に仮眠を取りながらもずーっとゲラゲラ喋りまくってます。浴衣姿で開放的になって、王様ゲームでちょっとギリギリなこともしました。それも許されるメンバーだけに、ざっくばらんに楽しみました。
気づけば午前5時。さすがにその時間になると眠気がきて、うとうとしながら口を動かす感じでした。結局1時間ぐらいダウンしましたが、朝風呂を浴びて幾分すっきりしました。
でも、睡眠が浅いせいで朝食はほとんどとれずじまいでした。ま、いつも朝食はそんなに入れてないので普通でしたが。

<また明日行くというのに>
14時に熱海のホテルに行く予定でしたが、戻るにもどこか行くにも微妙な時間でした。そんで、バスで上に上ってみることにしました。行き先は芦ノ湖・元箱根。
なにするでも無くバスを降り、帰りの時間を確認して、スワンボートに乗り込みました。いや、こぐのが辛い辛い。でも楽しかったですよ、両手に華状態だったし。
箱根神社の鳥居をボートから撮影しました。それがこれ↓

そうして時間は過ぎ、そろそろ行かなきゃということで小田原行きのバスに乗りました。中ではみんなぐっすり。俺ともう一人だけが負けずに起きていました。俺を見送ったメンバーは、どうやらカラオケに繰り出したようです。ずっと居たかったのは山々だけど、早くしないと吹部メンバーにも迷惑がかかるし。そういうわけで一人熱海に向かったのでした。


Comments

comments