07:アルバニーの海風に誘われて

 6:00。もう起きて準備をしなければ行けない。朝食を済ませているうちにRachael登場。車に揺られてリンウッドS.H.Sへ。今日・明日は海辺の街・アルバニーへの小旅行の初日。日本人メンバーともまた会えました。バスに乗って8:00前には出発。7時間にも及ぶ長旅が始まった。
 男とうちのバディは後ろを陣取る。仲良く話をオながら話をしながらゆく。男仲間のKeiのバディはその日、用事があったため旅行には参加しなかった。彼の隣の席に座る。
 彼は朝食抜きだったらしくモーニングティーが待ち遠しかったらしい。モーニングティー先では初めて「スコーン」なる物を食う。スナック菓子の方は違う物なのね。モーニングティーをとった先でオーストラリア国旗の描かれたトランプを買う。男仲間Ryoがマジックをするも種はすぐにばれる。その後バディ達にババ抜きを教え、そのかわりSnap!を教わる。いつの間にかユビスマ(と言う名前だったかどうかは忘れたが・・・)を流行らせる。
 昼食はマウント・ロマンスという化粧品工場にて。缶バランス(350ml缶の中身を1/3にしてふちで立たせるやつ)に5人以上が成功する。その後、化粧品工場を見学する。宣伝にまんまと引っかかり母親のお土産を買うことにする。
 バスは一路アルバニーを目指す。てかすぐついた。超田舎を想像していたが実はそうでもない。十分生活が営める街である。
 丘の上の塔にのぼる。景色が美しすぎるよ。ただ風が強い。ビーチにも行ってみる。海が広ーい。写真をいっぱ「撮った。男共はこの旅のアドバイザー・住野先生にはまってしまう。真似をしだしたら上手すぎてずっと笑ってばかりいた。
 そうして、今日泊まるモーテルにつく。男部屋は一番豪華。スパ付き。しかし、お湯の使い過ぎで水しか出なくなり、結局スパには入れずじまい。
 外にデテフッティーに参加しようとするも腰が痛くて断念。というのも、朝飯の時、突然いすが崩れて床に腰を打った。歩いても痛みが出る。カンガルーとエミューを発見。おりの中に入ることが出来た。実物を見るのは初めてになる。
 夕食にはチキンが出る。他人のより大きい。しかもかなりパサついている。全部食える訳がない。そのうち、日本人メンバー・Natsumiの17回目の誕生日を祝うバースデーケーキ・サプライズが始まる。自分は昼間、彼女にカンガルージャーキーをプレゼントした。そしたらやけにショックを受けたらしく、その反動で夕食では大喜びをする。
 夜は10人ミーティング、バディとのきっついゲーム、男4人での語らい。こうして夜は更けていったのだ。


Comments

comments