09:Zooっと居たかったんだけどね

 5時ちょい前に眼が覚めても「8時ごろにおきりゃいい」と言われていたから二度寝。8時ちょい前には支度を済ませておいた。飯を食い今日の荷づくり。LiamとSamyとテレビを見る。日本語版「リング」。Liamいわく、英語版のほうが豪華で怖いとの事。日本語放送だから、ホラーでも心が安らぐ。
 もっと出発は早かったはずなのに、11:30ごろ家を出る。バディーいわく原因は「寝過ごした」。バス待ち約1時間。さすがに飽きる。Rachealは話しかけてくれてもJaimeeとは話せない、やっぱ怒ってんだろうか。
 CityでKFCを食う。やっぱりこっちの肉はパサついている。City内を無料で走るCentralAreaTransit(CAT)に乗ってフェリー乗り場へ。TransPerthのAllDayTicketがあればフェリーもタダ。そうこうしているうちにフェリーはサウス・パースに着く。
 動物園は5分ほど歩けばつく。入場料が$16もしやがる。Mapも$1する。普通場内地図くらいはタダだろう。まぁとりあえず中に入る。普通の動物園だわ。
 違うところがいくつか発見できる。サル山ではなく”サル林”だ。池の上に気があって、そこにサルが居る。日本ならばくらーい檻にいるようなどう猛な動物もちゃんと日に当たったスペースにいる。彼らの野生生活拠点が日本の動物園以上に再現されている。カンガルーなどのオーストラリアンアニマルのゾーンには人と動物を分けるフェンスなど存在しない。サファリパーク・オージーアニマルバージョン(徒歩巡回)、とでも表現できるだろう。ワラビー・コアラも間近で見れる(触れませんが…)。
 そのゾーンで不思議な光景を眼にした。一匹のカンガルーがもう一匹のカンガルーのしっぽをしきりにつかんでなでている。もう一匹のほうはたまに逃げるのだがつかんでいるほうのカンガルーは後を追うのだ。…発情したか?
 だいぶ楽しませてもらったが、まだ気は落ちてるようだ。やっぱり自分自身でやりづらさを抱え込んでいるようだ。きついんだよなぁ。
 さて、家についてからはフッティーの観戦。リビングでテレビにかじりつく。夕食は自宅でハンバーガーを作る。旨かったな。


Comments

comments