路上を通して

ここまでの縁を築けるなんて思わなかった。

あの時声をかけられなかったら、音楽の和のなかで感動できなかったかも知れない。

疲れのなかにあって、あの一体感の残像が目の前に迫る。

あの感動を、ファン生活三年間の集大成として迎えられたことを、心から歓びたい。

これからは、感動を与えたい。そして、この縁と和と繋がりを大事にしたい。

感謝しながら深夜を迎えた。


Comments

comments