広報デイズ16:最後の作業へ

前の記事で触れた通り、本日、第35回定期演奏会パンフレットの原稿を無事印刷会社に入稿しました。

前日のうちにWordデータは出来上がっていました。
それを印刷会社の方が使っている形式に変換する作業を行いました。
変換作業と言っても要領さえわかれば誰でもできる仕事のはず。

まず、専用のソフトをインストールする必要があります。
ごにょごにょの関係でどこで作業したかは伏せるとして、とにかくインストールをしました。
専門的に言えば、プリントアウトと同じ作業で、PDFファイルを作るときと同じ作業なのです。
通常、パソコン上のワードや、エクセル、ホームページのデータを印刷するときは、パソコンは文章データを画像データに変換してプリンタに送ります。
プリンタは、送られてきた画像ファイルをそのままべろんと出す訳です。
今回インストールしたソフトは、画像データに変換して、それをプリンタに送らないでパソコン上に保存する。というものです。
なので、プリンタを使う感覚で簡単にできます。

印刷会社の方は、1ページずつ変換をしてほしいといっていました。
すべてのページを統一して保存していたので、1ページずつ印刷していきました。
大きな問題もあまりなく(楽器紹介の画像が思いっきりずれました。)作業は約1時間程度で終了。
ただし、データをUSBメモリに保存する際に要領が足りないと言われました。
それもそのはず、前も述べた通り、写真が激重なため、ファイルサイズが必然的に大きくなってしまったのです。
結局CDに焼いてお渡しすることに。

試し刷りがあさって届き、本番2,3日前にはどっさりと届くそうです。

今日を以て、パンフ作りは終了となります。
ただ、新一年生の名簿や、ロビー演奏団体・企画メンバ−名簿の作成などが残っています。
でも、山を越えると本当に清々しい気分になります。
本当に、完成してよかった。

このシリーズですが、後2、3個記事を書くつもりです。
今回の作業を通して、次回どう改善しようかというアイディアがどんどん出てきました。
それを反省し、自分の感想をつけて終了となる予定です。
後少し、おつきあいください。


Comments

comments