大学合格

俺じゃないよ、知り合いの大学合格の話。実はこれ、ニッケメンバーのうちの一人の話でして。
今日突然メールが入ってびっくりした。AO入試に合格したという報告。聞いたときは本当にうれしかった。自分のことじゃないのに。

彼女はニッケメンバー10人のなかの三人の高3生の一人。
彼女曰く研修に行くことに迷いがあったそうで。そりゃ受験生だから仕方がない。
出願前も結構焦ってたらしくて正直不安だったらしい。

そんなときに俺はふとメンバーだけにフォト・サイトを公開した。
もちろん彼女も見た訳で。それが彼女にとって励みになったということを聞いたときはうれしかった。
研修に行って正解だった、仲間が支えてくれているような気がしてる みたいなことを口にしてたっけ。
入試一週間前に決意のメールが届いたこともあった。
いままでの彼女は自分のスタイルを押し殺して文章を書いていたことが多かったらしい。
それが試験一週間前になって送られてきたメールには「とにかく自分をさらけ出す」との言葉。
一つのチャンスと捉えていたと言っていたが、「自分を出す」という言葉には彼女の決意が込められていたと思う。

彼女の一次の次の日にディズニーランドに行った。
実は向こうで世話になったホストスチューデントの一人が日本に来ていて、丁度ディズニーランドにいたのだった。
せっかくだからと関東組皆が集まった訳だ。
夜になり、帰る直前に「気が楽になった」と言ったと同時にさらに大きな目標を語った彼女の姿をいまでも思い出せる。
それからちょっとして一次合格の連絡。このときも人のことなのにうれしくなってしまった。

そして迎えた今日、彼女は今どんな思いで過ごしているのだろうか。
大いなる安堵感に包まれているのではないかと思う。
だいぶつらい思いをしたこともあっただろう、それだけに喜びも大きいものだろう。
受かるだけが全てではない。だが合格から得られる達成感は本当に大きい者だろう。

来年、俺はどうなっているのだろうか。
AOの挑戦にも興味あるが、もちろん狙い目は国公立一般入試。
そのためにもいまから積んでおかなければならない物は多い。
2週間を過ごした大切な仲間の合格、これを励みにして自分も頑張らなければ行けないな。

とにかく、彼女にはおめでとうという言葉を何度も贈りたいと思う。
これからの大学生活が、彼女にとってよい物となりますように。


Comments

comments