ひめゆりの塔

沖縄戦の最中、負傷兵の手当てを手伝った、沖縄第一女子高と高等師範女学校の学生と先生、計240名。
うち命をおとした200余名。
薄暗い壕の中で軍人の医療の世話、人間を忘れるほどの辛さ。
そして壕に鉄の嵐が吹き、多くは死に至った。
自決したものもあった。

第三外科壕は今でも残っており、そこにひめゆりの塔、さらに記念碑がある。
資料館には若くして命をおとしたひめゆり学徒隊の写真がほぼ全員分飾ってある。

俺と同年代でなくなった命を悼み、不戦の誓いをこめて、俺は花をたむけた。


Comments

comments