10:キダムが来てました。

 いっつも同じ時間帯に眼が覚める。しかも早くに。何てこった!!もろもろしているうちにすぐ時間が経つ。
 今日は日曜なのに少し早めに起きなければならない。Liamがサッカーの試合だそうだ。のこのことついていくことにする。10時前からの試合で日差しの下でも寒さを感じる。さて試合ではLiamはFWらしく、よく攻めていた。前半に二点を先取するも後半で逆転され結果は負け。残念。でも彼の頑張りを見せてもらえてよかった。
 昼食はチキン・トリートを自宅で喰らう。それから本日もCity方面へ出る。何をしたか・・・。
 なんと、シルク・ド・ソレイユのキダムを見たのだ。日本ではサーカスなど滅多に見なかったのに、まさかオーストラリAまで着て見る事になるとは思わなかった。なんと、ホストマザーがチケット代を払ってくれることになった。席は最前列中央部。オケなら最悪ポジションだがサーカスでは大迫力の座席。値段はなんと$99。日本の相場から考えれば安いだろうが、それでも1万円は高いな。払ってもらえるとは、申し訳ないし、ありがたい。内容はどんなものか言わないが、驚きあり、笑いありでかなりエキサイティング・ワンダフルだった。
 さて、家に戻ってからひたすら文章にふける。コラム・体験報告(英文エッセーコンテストHPにて掲示予定)を書き上げてしまう。
 Spanglishというビデオを見る。みんなで見ているうちに7:00になってしまった。そして夕食、奇跡が起きる。
 初日(日曜日)の夕食がHUNGRY JUCKSだったことは衝撃だったが、何と今日もHUNGRY JUCKSになってしまった。好みのセットを見つけたのでそれを頼む。
 食後、BIG BROTHERにかじりつく。今日はHOUSEを出て行く人が決定する日。ホント見てて面白かった。
 実は明日でJaimee宅を離れる。と言っても二泊したらまた戻る。Racheal宅の都合らしい。HOSTの都合に合わケるのはエクスチェンジの勤めだね。


Comments

comments