11:豪邸デイズ01

 6:00に起きなければ行けない月曜日。でもこの時点で何度か目は覚めている。いつの桃生にココアパフを食べてからベッドメイキングにかかる。今日で一度ジェイミー宅を離れるのだ。一度すっからかんにするものの、水曜には戻ってくる。
 学校へ行き先週と同じように授業を受ける。2元目あたりからスラングを友達から習い始める。バディに「言ってみろ」と言われて色んな人に言ったらジョークととる人もいたが、怒ってしまた人もいた。そうなるのだけは嫌だったのに、ああ悲しきイエスマン。
 昼にソーセージロールを試す。うめぇじゃん。また着替えてレセプションに臨む。教育庁のお偉いさんと会う日だ。Keiが乗ってきたタクシーがイエロー・キャブズだった。ウケたわ。Ryoが風邪気味なのを除いては皆元気そうでよかった。
 さて、教育庁のお偉いがたとの茶会。まず、一人一人と握手を交わし、コインセットのプレゼントをもらう。3人ほどのスピーチを聞き、ジュースや食べ物をいただく。お偉いさんと話そうと近づいてみる。パースでのステイの話、関心のある教育問題の話、色々できた。「教育に最も必要なことは?」との問いに、お偉いさんは「国全体として学力を向上させること」とお答えになった。9人のメンバーやHost Studentsとふれあっているうちにレセプションは終わってしまった。
 タクシーでRacheal宅へ。改めてその広さに驚く。バスケコート、バス4台は入る庭、プール、ガレージは自動シャッター・・・えってほどでっかい。ここで2日間お世話になる。コラムを書いているうちにJaimeeから荷物が届く。そのうちRachealにバスケの練習にこないかと誘われのこのこついていく。チーム内紅白戦らしく、Rachealのチームが40点ほどを挙げ勝利。かっけー!
 とりあえず帰って飯を食い、お土産を渡す。母さんがやさしい人でよかった。BIG BROTHERをみて寝る。


Comments

comments