推薦の波

さっきの記事でブログの雰囲気が暗くなったので

千葉に住む友人は同じ受験生。
とある大学の推薦試験を受験したいと、約1か月前だったか相談を持ちかけられました。
それで彼女の志望理由書を読んでアドヴァイスしたり、面接の質問予想とかをしました。
本番前夜には電話で勇気づけてやろうかと思ったらとっくに落ち着いてました。

そして昨日の放課後すぐ。
息を切らした彼女から電話が。
「あのね、受かりました。」

よかったです。手塩にかけた生徒が僕の友人がやらかしてくれました。
来年からは東北の方で大学生だそうです。
会う機会が減るから寂しいですが、本人の希望が叶って何よりです。
お礼ってことで、後でオケのコンサートのお相手をしてもらう事になりました。
そのときにでもじっくりと話をしたいなと思います。

その彼女に向けて、「本当に良くやった、おめでとう!」と心から声をかけてあげたいです。

そろそろ内のクラスの推薦組も発表され始めて来ました。
いい知らせも舞い込んで来ています。
しかし、悔しい結果がでているのも事実です。
受け止めなければなりません。

僕も頑張らねばと思う次第です。


再生会議の提言に「?」が灯ったのでつい。

 教育再生会議のまとめたいじめに対する提言、本当に効力あるのかなと疑いたくなる。
 というか、ちょっとズレているような気がしてならない。
 「いじめられている子どもを救う」ことから「いじめる子を指導する」ことで解決を図ろうとする姿勢は評価できるけれども、どうも提言内容を見ていると、事が起こってから動く「対処療法」のようにしか見えないのは気のせいだろうか。

 まぁ、少なくともここで述べた事が僕の答えになるはずも無く、もっと勉強が必要のようです。読んでみたければ続きをどうぞ。ただし長ったるいです。

続きを読む


マイミク申請のタイミング

慢性mixi中毒の、どうも〜僕で〜す。

思いがけない知人からマイミク申請が来ましてね、ふと考えたわけです。

「あ、この人知ってる」って人を偶然見つけるよりも、自分から「この人居ないかな」とフルネーム検索かける方が多いくせに、自分から申請出す例が全く無いんですな。
お気に入りには入ってるのに申請は出さない、足跡残して申請を待つ受動人間です。実は奥手です、シャイです。

さて、どのタイミングで声をかけようか。

え?受験生だから慎めって?いや、結構高校三年生もmixi出入りしてるみたいですよ。
やってるのはモバイル版が主なので、許してください。


はじめての校外模試


代ゼミセンタープレ
五科七目、やっぱりきつすぎ

今さっき自己採やりました。
国語七割英語九割
他ドボン

現実を見なければいけないと痛感しました。

いやぁ、消えてしまいたくなる


推薦ラッシュ

ここ1、2週間で、受験の第2波がやってきました。
第1波は、指定校推薦組の校内選考、第2波は公募制推薦・自己推薦の試験ですな。

クラス内の友人も、多くが推薦試験にチャレンジしています。
面接やグループディスカッション練習にもたまに借り出されています。

遠距離の友人も先週末、遠路東北まで受験しに行ってきたようです。
志望理由書や面接の質問予想などをしました。受かっててほしいものです。

さて、まだまだがんばらないとですな。つべこべ考える暇があったら勉強しろといわれそうですな。


スピーカーがついて


SONY製のポータブルアクティブスピーカーを少し前に買いました。
電池でうごくのはもちろんACアダプタも付属で3000円程度。

ポータブルの需要はあるし、イヤホンで聞くより音質いいし。
小さくてちゃちい割には満足です。

家でのiPod生活がひと味変わったような


ヴィ

そう言えば、合宿中はこればっかり飲んでたな、と。
寒さ厳しい加須駅で冷えきった水を飲むと指先が凍えた。


音楽仲間

音楽が繋いでくれた縁って凄いもんですな。
6年間の吹奏楽もそう。
んで特に感じるのがここ3年間の間で地元のストリートミュージシャンと出会えた事。

来月には地元の音楽のイベントを担ぎ上げる事になります。楽しみです。
そして大学以降は僕も路上の輪に入りたいなと。