If

変なタイトルつけたところで結局はダジャレです。結局は単なる日記です。久々に日記めいた記事です。

模試です。進研模試です。模試と”もしも”を引っ掛けただけです。進研模試とは言え、真剣に受けた模試とは言えませんでした。もしも真剣に受けてれば、今回の進研模試はなかなかの結果を生んでたかも。
微妙な英語、謎の国語、撃沈の数学、自信の科学、絶望の世界史。もう今回の結果には期待していません。勉強していればなんて言うには遅すぎる。
何だか知りませんが、午後の数学からいきなり受験者が減りました。クラス42名なはずが、数学・理科と1/3しか受験者が居ない感じ。世界史になっても半分しか居ない感じ。

そろそろ頭の中で来年度の受験校が固まりつつあります。後は勉強だけ。ああ、重い腰があがらない。


ヴァニシング・ポイントを読破して

本を読むのが遅いのは、本を読む癖が無いからだと思っていたのだけれど、それだけじゃないらしい。単に、読むための時間が確保できていないだけなのかもしれない。昨年4月に亡くなった奥山貴宏さんの遺作「ヴァニシング・ポイント」(以下、VP)。手にしてから2度ほど挫折してしてた。ほんの数ページ読み出したくらいで読まずじまいだった。LastExitを読み終わって、先日のジェネジャンSPを見て、いよいよ三度目の正直とVPを読まなきゃと言う思いがして来た。大宮のNOVAに行くための電車の中、新潟に行く新幹線車内、うまい具合に時間を確保する事ができた。そして、小説家・奥山貴宏氏の処女作をいよいよ読みきった。

続きを読む


その雪を溶かすほどに

センター試験2日目。不動岡の2年生はほぼ全員がセンター・プレ模試を受けていました。が、僕はその頃、雪国・新潟に。なんでって?この間のMobileDaysにもあるように、西関東アンサンブルコンテストに出場したクラリネット8重奏の応援です。いや、行ってよかった。

続きを読む


ネットでつながってるから

ネットの社会は、利便性は高い。離れている場所の友達でもつながっていることができる。本当にありがたいものだと思う。ここ1年間ではそういう出会いが2つあった訳で、それぞれでつながりを持つようになった。

続きを読む


「仕事メールにハート セクハラ戒告」

 杉村大蔵さんのブログは、「タイゾーの三日坊主」というエッセーが中心。三日坊主と言いながら既に1ヶ月を越えてます。そんな中、新たな気持ちで始めたニュースの視点も今週月曜以来更新無し。来週からは週1にします。読売新聞月曜日のニュース妙録から1週間分のニュースのうち2個ぐらい拾って書こうかと思ってます。とりあえず今日は今まで通り。

 徳島大学の教授がセクハラで懲戒戒告だそうです。でもね、これってセクハラなのかなぁ?やっぱり人に寄るもんなのかなぁ?

続きを読む


みずほ元行員13億円横領

 とりあえず平日だけの更新としましょうか。一応三回目ですね。1日飛ばしとかでも文句は言わないで下さいね。

 1/16日付読売新聞朝刊より。みずほ銀行の元行員がこのほど業務上横領の疑いで本日の朝方に事情聴取を受けたそうだ。逮捕されたかは明日の新聞で判明するだろう。しかしこの男、いったいどれだけ横領したのか、その手口とは何か。

続きを読む


「七海ちゃん 『移植』募金訴え」

 とりあえず毎日ではなくとも続けていきたいこのニュースの視点、続くでしょうか。やってみなきゃ分りませんね。

 今日の記事も、読売新聞朝刊(1/13付)より。
 先日「勇気」で紹介した彩花ちゃんの手術は無事終了し、経過も順調だそうです。まだしばらくはアメリカに滞在予定だそうで。彼女を救う募金に俺は参加できませんでした。
 目の前に困っている人の現状があれば救いたいと行動を起こす。その行動の手段が明確であれば明確なほど、さっと行動できる訳でして。また一つの幼い命が悲鳴を上げています。

続きを読む


「力を貸して!全国の小川さん」

 せっかく新聞読んでるんだから、と始めた見出し突っ込みはここ何ヶ月更新を止めています。でもやっぱりブログは有益に使いたい。小論対策のブログ利用ってのもありではないかと。今年はもう三年生ですから、新聞を読んで抱く自分の考えをきちっと書き込んでいけるように。なので「ニュースの視点」としてだらだらと新聞要約をしていこうかと。

 新年一発目はこれ。読売新聞朝刊1/12より。人口約3400人、その約40%が65歳以上の、長野県・小川村。合併も破談になり、村の収益も交付税のみのこの村がとった策とはいかに?

続きを読む